新豊洲おすすめスポット

銀座から晴海通りを一直線。
風を受けて勝鬨を渡り、晴海を越える3.5kmをカラダで感じてください。

東京都中央卸売市場 豊洲市場

中央卸売市場とは、卸売市場法に基づき、国が認可・監督し、地方公共団体が開設するものをいい、東京には全部で11カ所の中央卸売市場があります。2018年10月に築地から移転した豊洲市場は、そのうちの一つで、日本一大きい市場であることは言うまでもなく、世界でも最大規模の公設市場です。

豊洲市場は敷地面積407,000m²、延床面積517,000m²の大きさで、青果棟がある5街区、水産仲卸棟がある6街区、水産卸棟と管理等がある7街区の3つの街区に分かれています。
またそれぞれの街区には関連飲食と呼ばれる飲食店エリアがあり、本来は市場で働く人のための飲食店街にも関わらず、寿司店を中心に観光客が長蛇の列を作る、大人気スポットとなっています。また6街区には、「魚河岸横丁」という関連物販エリアもあります。

豊洲市場青果棟(5街区)

豊洲市場水産仲卸棟(6街区)

豊洲市場水産卸棟(7街区)

関連飲食街(7街区)

関連物販「魚河岸横丁」(6街区)

住所 〒135-0061
東京都江東区豊洲6丁目3
電話番号 03-3520-8211
URL
ページのトップへ戻る
© 2018 SPORT×ART SHINTOYOSU