EVENT & NEWS

新豊洲エリアのニュースやイベント情報

イベント情報 2020.01.31

新豊洲SPORT × ART FESTIVAL 2019開催レポート

新豊洲SPORT × ART FESTIVAL2019が、10月19日(土)20日(日)の2日間に渡り開催されました。第3回を迎えたフェスティバルは、豊洲市場開場を機に賑わいが増した新豊洲において、年に一度のお祭りとしてすっかり街に定着した感があります。今年のフェスティバルでは、周辺の各施設と連携した数多くの催しが実施された他、新企画「新豊洲まちめぐりスタンプラリー」に400人以上の方々に参加いただくなど、2日間で1万人近くの来場者を記録しました。

新豊洲まちめぐりスタンプラリー

日時:2019年10月19日(土)20日(日) 10:00〜18:00
会場:新豊洲各施設

SPORT × ART FESTIVAL初めての試みとして、フェスティバル関係各施設にスタンプ台を設置して、新豊洲まちめぐりスタンプラリーを実施しました。
スタンプを集めた400人以上の参加者が、チームラボプラネッツ東京招待券など各施設から提供された賞品を受け取りました。

  • 新豊洲内の関係施設にポスターとともにスタンプ台が設置されました。
  • 多くのお子さんが、お父さん、お母さんと一緒に参加してくれました。
  • スタンプラリーは12の設置箇所のうち、3つ以上のスタンプを集めると楽しい商品が当たる抽選に参加できる形で行われました。

お魚フードコート

日時:2019年10月19日(土)20日(日) 10:00〜18:00
会場:新豊洲さくら広場ウッドデッキ

昨年のSPORT × ART FESTIVALでも大好評だった、豊洲市場事業者と関係者による屋台村「お魚フードコート」。今年も千葉県勝浦漁港直送の伊勢海老とサザエの炭火焼が登場!他にも豊洲市場仲卸さんたちによる絶品料理の屋台が会場のウッドデッキを囲み、たくさんの来場者が舌鼓を打ちました。

  • 新豊洲さくら広場のウッドデッキを囲んで、豊洲市場関係の屋台テントが並びました。
  • 2018年も大人気だった伊勢海老炭火焼。
  • 豊洲市場に一軒しかないタコ専門仲卸の大政本店が、自慢のタコを使ったたこ焼き屋台で出店!抜群の味に長蛇の列ができました。

新豊洲ICHIBAマルシェ

日時:2019年10月19日(土)20日(日) 10:00〜18:00
会場:CITABRIA BAYPARK Grill & Bar芝生広場

今年8月にオープンしたCITABRIA BAYPARK Grill & Bar前の広場に、豊洲市場や地元商店街によるマルシェが2日間限定でオープンしました。市場成果仲卸関係の野菜と果物の販売のほか、豊洲市場関連物販や豊洲商友会も出店。また豊洲市場仲卸と連携した海鮮メニューを提供するフードトラックの料理も大人気。広場はたくさんの来場者で賑わいました。

  • CITABRIA BAYPARK Grill & Bar前の芝生広場にはたくさんのイベント来場者でいっぱいになりました。
  • 豊洲市場青果仲卸のかねす鈴屋さんの野菜と果物の販売は、お客さんが殺到。特に旬のぶどうセットは飛ぶように売れていました。
  • 地元の商店街の組合である豊洲商友会にも出店いただき、商友会で共同開発した新商品豊洲シーフードカレーなどを販売。

GC GRAND FESTIVAL 2019

日時:2019年10月19日(土)豊洲PIT16:00〜 新豊洲さくら広場 12:00〜
会場:豊洲PIT1/新豊洲さくら広場

GC GRAND FESTIVALは、ロック、ポップスを中心とした著名アーティストによる音楽イベント。音楽の楽しさを皆さまにお届けする、日本初の障がい者が主催するエンタテインメント事業で、NPO法人である日本バリアフリー協会が主催しています。SPORT × ART FESTIVALとのコラボで行われた今年は、国内外の大型フェスティバルで高い評価を受ける、渋さ知らズオーケストラや、ソロだけでなくバンドでも活躍する、向井秀徳アコースティック&エレクトリック他によるライブが豊洲PITで実現しました。
また新豊洲さくら広場の新豊洲Brilliaランニングスタジアム前芝生広場には特設野外ステージが設けられ、障がい者アーティストによるライブ演奏が行われたほか、障がい者スポーツ選手と語り合う「パラスポーツライブラリー」や、障がい者団体が作ったスィーツの販売「フュージョン・マーケット」がオープンしました。

  • 「渋さ知らズ」は不破大輔を中心とする日本のビッグバンド。略称「渋さ」。
  • 「渋さ知らズ」は豊洲PITでのステージ以外に、豊洲PITから新豊洲さくら広場まで、ダンサーも加えてチンドン屋風に練り歩きました。
  • パラスポーツライブラリーでは、様々な競技の障がい者スポーツ選手が来場者と語り合うことで、障がい者スポーツに対する理解を深めてもらう目的で行われました。

新豊洲の森の生きものビンゴ

日時:2019年10月20日(日) 10:00から3セッション
会場:新豊洲さくら広場「新豊洲の森」

すでに恒例となった「新豊洲の森の生きものビンゴ」が今年のSPORT × ART FESTIVALにも登場。秋晴れの青空の下、近隣の小学生たちが、「新豊洲の森」に生息する生きものたちを探し、ビンゴを完成させました。

  • 新豊洲の森の中の広場に集まり、まず専門家の先生のお話を聞きます。
  • そのあとは森の中をそれぞれが虫やバッタなどの生きものを探して散らばりました。見つけたら、その生きものを先生に見せて確認。
  • 生きものが確認できたら、ビンゴシートと垂らし合わせて、その生きものの写真にスタンプを押してもらいます。そして列が揃ったらビンゴ!

ランスタ・オープンデイ2019

日時:2019年10月20日(日) 10:00〜18:00
会場:新豊洲Brilliaランニングスタジアム

新豊洲Brilliaランニングスタジアムもオープン3周年を迎え、陸上短距離に特化したランスタの活動がかなり定着してきました。その象徴が2018年から始まった50m走のタイムトライアル「ランスタ50」。今では毎月100名以上の参加があるイベントに成長しました。今回のSPORT × ART FESTIVALでは、その年間チャンピオンを決めるレースが行われたほか、自由に50mのタイムを図れるフリータイムや、恒例のTRACによるかけっこスクールも実施されました。

  • これまでの月例会の年齢別記録トップ5の選手たちが集まり、最速王を決めるレースが実施されました。
  • 表彰台に立つ今年度女子最速の3名。
  • ランスタに常駐する陸上集団TRACによるかけっこスクールは事前申し込み制で開催。

MIFAフットサル大会 supported by SPORT × ART

日時:2019年10月19日(土)10:00〜16:30 チャレンジキッズ大会
         20日(日)13:30〜16:30 湾岸フットサル大会
会場:MIFA Football Park

MIFA Football Parkでは、SPORT×ART新豊洲の協賛による、「キッズフットサル大会」と大人向けの「湾岸フットサル大会」の2大会が開催されました。
キッズ大会では、参加児童のほか、お父さんお母さんの応援を含めて約300名の方にご来場いただき、熱い戦いを繰り広げていただきました。また「湾岸フットサル大会」は、総当たりトーナメント方式で開催され、10チームの参加がありました。

  • 両日ともたくさんの方の参加をいただき、大会は大変盛り上がりました。
  • 6歳以下によるU-6カテゴリーでは、幼稚園、保育園の子供達が一生懸命ボールを追いかける姿に、大人たちの大声援が飛び交いました。
  • 「湾岸フットサル大会」にも総勢10チームがエントリー。湾岸エリア最強チームを競って、熱い戦いが繰り広げられました。

WILD MAGIC AUTUMN FES. 2019

日時:2019年10月19日(土)20日(日) 10:00〜18:00
会場:MIFA Football Park

湾岸エリアでの都会型BBQブームを作ったWILD MAGIC。今回のSPORT × ART FESTIVALでは、WILD MAGIC AUTUMN FES. 2019として豊洲市場の仲卸と連携して、来場者が気軽に立ち寄って海鮮の炭火焼きなどを楽しめるフードコーナーを設置したほか、子供向けのワークショップやライブコンサートなどが実施されました。

  • 豊洲市場商店会とのコラボで、シーフードの炭火焼きなどが販売されました。
  • アートを取り入れた独自の幼児英語教育とアート活動を行っているGAKU IGARASHIさんによるアートワークショップが開かれました。

MY VILLAGE PLAY PARK

日時:2019年10月19日(土)20日(日) 10:00〜18:00
会場:MY VILLAGE

新豊洲さくら広場に隣接するMY VILLAGEの前庭に英語で遊ぶプレイパークがオープン。MY VILLAGEの英語ネイティブのスタッフが子供達と英語でコミュニケーションをとりながら遊んでくれるサービスに、小さなお子さんを連れたたくさんの家族連れの皆さんが集っていました。また子供に人気の「ストラックアウト」とキックターゲットも併設。たくさんの子供達がパーフェクトに挑戦していました。

  • 小さなお子さんを安心して遊ばせられる英語プレイパークは家族連れに大人気。
  • テレビでもおなじみの1から9までの数字をピッチングで射抜くゲーム。
  • ストラックアウトのサッカー版、キックターゲット。

オープンマギーズデー

日時:2019年10月19日(土)20日(日) 10:00〜16:00
会場:マギーズ東京

マギーズ東京のオープンマギーズデーでは、マギーズ東京を知っていただくためにスライドを来場者にご覧いただきながら、英国発祥のマギーズセンターとの連携でマギーズ東京が日本にできた経緯などが説明されました。またチャリティーによるオリジナルグッズの販売も実施されました。

  • イギリス発祥のマギーズセンターの日本最初の施設であるマギーズ東京は、がん患者と家族の方々が施設に気軽に立ち寄りスタッフがお話を聞いて必要なアドバイスを行うことで、精神的サポートを行います。
  • 今回のオープンデーにはマギーズ東京の着ぐるみキャラクターも登場。
  • マギーズ東京はがん患者や家族がいつでも予約なしに訪れることができ、利用も無料。運営費用は企業・団体や個人の寄付に100%頼っています。

豊洲まちなみ公園 自動運転車+歩行者ナビ体験会

日時:2019年10月19日(土)20日(日) 10:00〜17:00
会場:豊洲まちなみ公園

近未来の実用化が想定される自動運転車の体験会が豊洲まちなみ公園の園内通路を使って実施されました。今回の体験会は、清水建設が開発した自動運転車両の配車リクエスト機能と歩行者ナビゲーションシステムの経路案内機能を組み合わせた施設内移動を実際の自動運転車両を使って実現したものです。

詳細はこちら

  • 体験者には、歩行者ナビアプリを使った自動運転車両の配車予約、乗車位置までのナビゲーション、そして実際に乗車して目的地まで移動する一連のプロセスをまちなみ公園内で体験していただきました。
  • まちなみ公園内には、巨大遊具も設置され、子供連れの来場者に喜ばれていました。
ページのトップへ戻る
© 2018 SPORT×ART SHINTOYOSU