新豊洲の魅力

新豊洲の街づくりはまさに始まったばかり。真っ白なキャンバスに
色とりどりの絵が描かれるように、魅力的な場所や人が集まり始めました。

観察された『鳥類』

これまでの調査では、次のような『鳥類』が「新豊洲の森」とその周辺で観察されています。

No. 目名 科名 種名 調査年度

主な生息環境
和名 学名 2012
年度
2013
年度
2014
年度
2015
年度
2016
年度
2017
年度
冬季 冬季 冬季 夏季 冬季 秋季 冬季 秋季 冬季
1 カモ カモ ハシビロガモ Anas clypeata 水辺
2 スズガモ Aythya marila 水辺
3 カイツブリ カイツブリ カンムリカイツブリ Podiceps cristatus 水辺
4 ハト ハト キジバト Streptopelia orientalis 樹林
5 カツオドリ カワウ Phalacrocorax carbo 水辺
6 ペリカン サギ アオサギ Ardea cinerea 水辺
7 ダイサギ Ardea alba 水辺
8 チドリ シギ イソシギ Actitis hypoleucos 水辺
9 カモメ ユリカモメ Larus ridibundus 水辺
10 ウミネコ Larus crassirostris 水辺
11 セグロカモメ Larus argentatus 水辺
12 オオセグロカモメ Larus schistisagus 水辺
13 タカ タカ トビ Milvus migrans 樹林
14 ノスリ Buteo buteo 林縁
15 ハヤブサ ハヤブサ チョウゲンボウ Falco tinnunculus 草地
16 スズメ モズ モズ Lanius bucephalus 林縁
17 カラス ハシボソガラス Corvus corone 草地
18 ハシブトガラス Corvus macrorhynchos 樹林
19 シジュウカラ シジュウカラ Parus minor 樹林
20 ヒバリ ヒバリ Alauda arvensis 草地
21 ツバメ ツバメ Hirundo rustica 草地
22 ヒヨドリ ヒヨドリ Hypsipetes amaurotis 樹林
23 ウグイス ウグイス Cettia diphone 樹林
24 メジロ メジロ Zosterops japonicus 樹林
25 ムクドリ ムクドリ Spodiopsar cineraceus 草地
26 ヒタキ ツグミ Turdus naumanni 草地
27 ジョウビタキ Phoenicurus auroreus 林縁
28 イソヒヨドリ Monticola solitarius 水辺
29 スズメ スズメ Passer montanus 草地
30 セキレイ ハクセキレイ Motacilla alba 草地
31 タヒバリ Anthus rubescens 草地
32 アトリ カワラヒワ Chloris sinica 草地
33 ホオジロ ホオジロ Emberiza cioides 林縁
34 カシラダカ Emberiza rustica 草地
35 アオジ Emberiza spodocephala 草地
36 オオジュリン Emberiza schoeniclus 草地
37 ハト ハト カワラバト(ドバト) Columba livia 草地
合計 9目 23科 37種 3種 19種 15種 9種 14種 11種 14種 15種 20種 11種 -
17種 17種 25種

※1 分類および種の配列は、原則として日本鳥類目録 改定第7版(日本鳥学会,2012年)に準拠した。
※2 2012年度の調査は、豊洲用地の外側からの観察のみである。
※3 重要種の選定基準は、「環境省レッドリスト2017(環境省, 2017年)」、および「レッドデータブック東京2013~東京都の保護上重要な野生生物種(本土部)解説版~(東京都,2013年3月)」である。

<重要種>
3. カンムリカイツブリ(カイツブリ科)

生態・湖沼、池、河川、河口、海岸などの広い水域に生息する。水中に潜って魚類、甲殻類、昆虫類などを食べる。

東京都における生息環境・主に海上や河口部の広い水域や、一部の湖沼に生息する。大河川の堰の湛水域など比較的面積が広く、見通しの良い水域でも稀にみられる。

重要種ランク:東京都RDB本土部:区部留

<重要種>
7. ダイサギ(サギ科)

生態・水田、湿地、河川、湖沼、池、河口、干潟などの浅い水域で採食し、人やカラス類によるかく乱の少ない樹林で集団で営巣する。魚類や甲殻類、カエル類、昆虫類などを食べる。

東京都における生息環境・山間部を除く河川、水路、湖沼、池、干潟などで周年見られる。

重要種ランク:東京都RDB本土部:区部VU

<重要種>
8. イソシギ(シギ科)

生態・河川、湖沼、海岸、干潟などに生息し、昆虫類や甲殻類などを食べる。海岸の砂洲や河川の中州などの草地で営巣する。

東京都における生息環境・海岸や河川敷に広く生息し、中小河川でも見られる。近年は個体数の減少が著しい。

重要種ランク:東京都RDB本土部:区部VU

<重要種>
13. トビ(タカ科)

生態・海岸部や平地の河川、池沼に多いが、高山にも生息する。樹林で繁殖し、主に死肉を食べるが、ネズミ類、両生爬虫類などの小動物を食べることもある。

東京都における生息環境・丘陵地から低山地、東京湾の埋立地の一部で周年見られる。冬には、大河川下流域や海岸付近で見られる。

重要種ランク:東京都RDB本土部:区部NT

<重要種>
16. モズ(モズ科)

生態・平地から山地の疎林、耕作地、河畔林、公園などに生息し、昆虫類やミミズ類、両生・爬虫類などを食べる。

東京都における生息環境・河川敷、丘陵地の低木林や草地、雑木林、耕作地、公園、住宅地などに広く生息し、繁殖をしている。

重要種ランク:東京都RDB本土部:区部VU

19. シジュウカラ(シジュウカラ科)

生態・平地から山地の樹林に生息し、樹木の多い公園でもみられる。
・木の実やチョウ、ガの幼虫を食べる。

利用する環境・常緑樹林や落葉樹林など様々な樹林に生息。
・樹洞やキツツキの古巣に営巣するが、市街地では石垣の隙間や電柱の穴、巣箱などの人工的な穴も利用する。

本調査での確認状況・植栽木(高木)の枝にとまって休息や探餌する個体が確認された。

24. メジロ(メジロ科)

生態・平地から山地の樹林に生息し、公園などでもみられる。
・ガやバッタなどの昆虫、ツバキやウメの花の蜜、木の実などを食べる。

利用する環境・平地から山地までいろいろな樹林に生息し、よく茂った常緑広葉樹林を好む。
・雑木林や広葉樹林内の灌木に椀形の巣を作るが、市街地では庭木の茂みにも営巣する。

本調査での確認状況・植栽木(高木)の枝にとまって休息や探餌する個体が確認された。

<重要種>
28. イソヒヨドリ(ヒタキ科)

生態・崖や岩場がある海岸に生息し、コンクリートブロックなどの人工物や人家の屋根にもよく止まる。昆虫や植物の種子を食べる。

東京都における生息環境・海岸や河川敷、平地の鉄道駅の周辺、住宅地などで確認されることがある。

重要種ランク:東京都RDB本土部:区部DD

新豊洲の魅力をもっと見る
© 2018 SPORT×ART SHINTOYOSU