新豊洲おすすめスポット

銀座から晴海通りを一直線。
風を受けて勝鬨を渡り、晴海を越える3.5kmをカラダで感じてください。

豊洲ぐるり公園

豊洲ぐるり公園は、江東区豊洲6丁目(一部5丁目)の埠頭エリア全体を囲む護岸を公園として整備したもので、全長約4.5キロ、広さは15ヘクタールを超える、区立としては都内でも最大規模の公園です。

護岸公園ですから当然のことながら全域が運河に面していて、公園内はどこからでも水辺の風景を楽しむことができます。特に豊洲運河に面した北側からは、運河越しに高層ビルや東京タワー、さらにはスカイツリーまでをも見ることができ、また埠頭先端エリアからはレインボーブリッジを目の前に臨む、まさに大都会東京を代表するような景観が広がっています。特にその夜景は、マンハッタンのブルックリンのそれに匹敵するような素晴らしさで、このきらびやかな景色だけでもこれから東京の一大名所となることは間違いなさそうです。

朝、夕にはこの水辺の風景を楽しみながらジョギングをする人々も多く見られ、ぐるり公園の起点となる豊洲公園を加えれば約5キロという距離は皇居一周とほぼ同じで、東京の新しいランニングスポットとしても注目されています。

このぐるり公園によって、豊洲公園を始め、豊洲六丁目公園と豊洲六丁目第二公園が一つに繋がることになり、それらの公園の面積を入れれば20ヘクタールを超える大規模公園として、今後の様々な活用が期待されています。

航空写真

図面提供:江東区河川公園課

住所
電話番号
URL
ページのトップへ戻る
© 2018 SPORT×ART SHINTOYOSU