新豊洲おすすめスポット

銀座から晴海通りを一直線。
風を受けて勝鬨を渡り、晴海を越える3.5kmをカラダで感じてください。

TOYOSU RING

この作品の展示は終了いたしました。

「新豊洲アート広場」の夜を飾る、光のリングが登場します。
「TOYOSU RING」は光を自在に操るアーチスト、高橋匡太さんの新作。刻々とその色を変えていく100個の光る浮き輪は、一つ一つが人間の個性、そして光がシンクロしていくことが、人間のコミュニケーションを表しています。

「『TOYOSU RING 』には、そこに込めた思いがあります。浮き輪は丸いですよね。○って前も横も後ろも無い。方向性がない。そこがポイントです。だからどこからでも繋がれる、アクセス可能な形。だから○なんです。

世界の基本単位を「ひとりひとり」と捉え、人と人のコニュにケーションが世界を作るというメッセージを込めています。ひとり一人が別々の個性だからこそ出来上がるコミュニケーションが多様な風景を生み出す事を期待します。

新豊洲という新しい街のまだ見ぬ未来の歴史の0ページを飾り語り継がれる、そんな心温まる光の風景を皆さんと一緒に作りたいと思います。」(高橋匡太 談)

高橋匡太(Kyota Takahashi)

1970年京都生まれ。
京都市立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。映像と光によるアートプロジェクト、パブリックプロジェクション、公園など幅広く国内外で活躍。二条城(京都)、十和田市現代美術館(青森)など、様々な建築物をライトアップした作品を手がけ、ダイナミックで造形的な映像と光の作品を創り出している。

SPORT×ART INITIATIVEでは、これから始まろうとしている新豊洲での暮らしには、パブリックアートの存在がとても大切だと考えています。日常的にアートに触れ合い自らの創造力を刺激される環境を作ることは、すべての人が気軽にスポーツを楽しむことができる環境とともに、SPORT×ARTのコンセプトの根幹になっています。

そんな環境づくりの拠点となるのが、「新豊洲アート広場」で、そこから始まる「新豊洲パブリックアートコレクション」です。2015年度は3つの大型作品が、この広場で公開され、これから毎年、広場だけでなく他の場所にもパブリックアートが広がっていく構想です。

みなさん、おたのしみに!

住所 〒135-0061
東京都江東区豊洲6丁目
電話番号
URL http://sportxart.jp/
ページのトップへ戻る
© 2015 SPORT×ART SHINTOYOSU