「SPORT×ART新豊洲」の活動拠点
新豊洲 Brillia ランニングスタジアム オープン

新豊洲Brilliaランニングスタジアム

館長 為末 大からのメッセージ

テクノロジーとコミュニティの力で、誰もが分け隔てなく
自分を表現することを楽しんでいる風景を作る。

2020年以降に残す最も大事なレガシーは、障がいのあるなしや年齢、性別など関係なく全ての人がスポーツやアートを楽しんでいる風景なのではないでしょうか。そういった思いに共感をしていただいた方々が集まり、今回新豊洲Brilliaランニングスタジアムを建設することになりました。
本当の意味のバリアフリーが実現されるであろう未来をほんの少しだけ先取りして、未来の風景を新豊洲に作って行きたいと思います。

新豊洲Brilliaランニングスタジアム館長 為末 大

為末大
アクセス
新豊洲Brilliaランニングスタジアム

「新豊洲Brilliaランニングスタジアム」は、「TOYOSU会議」の議論から生まれた、「誰もがスポーツやアートを楽しむ」ことをコンセプトとした全く新しいタイプの施設です。
競技用義足エンジニアの遠藤謙氏が代表を務める株式会社Xiborgが拠点をおき、競技用義足の開発とともにトップ障がい者アスリートの強化訓練を行うほか、為末氏が代表を務める株式会社侍がかけっこスクールを開催する予定です。
また、障がい者と健常者が共同でアートパフォーマンスを作り上げる「SLOW MOVEMENT」(主宰:特定非営利活動法人SLOW LABEL)の活動拠点にもなる予定で、施設の運営は、以上の3社と東京ガス用地開発株式会社が共同で行います。

「新豊洲Brillia ランニングスタジアム」は、日本で初めてETFEフィルム膜構造(※)を大規模に採用し、東京ガス用地開発株式会社による新豊洲地区の開発プロジェクト「TOYOSU22」に基づく、新しい東京のまちづくりを目指す「SPORT×ART(スポーツバイアート)新豊洲」活動の拠点施設となります。

施設名称について

2016年10月1日に創業120周年を迎える東京建物株式会社は、社会貢献活動の一環として、2015年8月から公益財団法人日本障がい者スポーツ協会(JPSA)のオフィシャルパートナーを務めています。また、豊洲地域を含む湾岸エリアにて、東京建物株式会社の分譲マンション「Brillia」を含む多数のマンションを供給してきました。東京建物株式会社として、「支援・応援するだけでなく、より多くの人々、あらゆる人種の方々、さらに健常者や障がい者といった垣根を超え、一体感を生み出し喜びを共にする」という本施設の願いに共感し、同地区におけるスポーツを通じたコミュニティ形成の支援をするため、今般、120周年記念事業の一環として本施設のネーミングライツを取得し、本施設名称を「新豊洲Brillia ランニングスタジアム」と決定しました。

ロゴについて

img_logo-runsta

本施設は、障がい者トップアスリートの育成をはじめ、地域の交流のハブとなるように機能させていくために、本施設を運営する各企業が、ハードのバリアフリーに留まらず、 人々の心の中のバリアフリー、ソフトのバリアフリーを目指します。

「支援・応援するだけではなく、より多くの人々、あらゆる人種の方々、 さらに、健常者や障がい者といった垣根を越え、一体感を生み出し、喜びを共にする。」 という願いをも、『スタジアム』という言葉に込めたいと考えます。

また、世の中に存在するロゴマークの大半が視覚に届けることを目的としていますが、「新豊洲Brillia ランニングスタジアム」を示すロゴマークは、 観るだけではなく、「点字と同じように触って感じる」ことのできる仕掛けづくりを予定しています。

施設概要

内部CG

本施設の建物は日本ではじめてETFEフィルム膜構造(※)を大規模に採用するとともに、そのフレームにはカラマツの集成材を使用、アーチ状に組み合わせ連続させることにより、トンネル状の長さ108M、高さ8.5M、幅16.27Mの施設規模を実現しました。なお、今回の計画は、低炭素社会の実現を目指す国土交通省の 「サステナブル建築物先導事業」にも採択されています。

・所在地:
東京都江東区豊洲6丁目4番2号
・敷地面積:
4,847.77m²
・建築面積:
1,985.38m²
・施設構成:
屋内60mトラック、ラボ、シャワー、ロッカー、更衣室等
・構造:
屋根木造+梁S造+柱RC造併用構造平屋の構造物を組み上げ、アーチ形状の屋根には、 日本初のETFE(※)素材を使用して建設。
・建築設計:
武松幸治+E.P.A 環境変換装置建築研究所
(1991年設立。2009年より日本初の耐火集成材による大規模商業施設を開発、実現させる。 2015年 不燃化技術組合を設立し、都市の木造化に取り組んでいる。)
・建築事業主:
太陽工業株式会社
※ ETFEフィルム膜構造とは

世界最先端のスポーツ施設に採用されたETFE フィルム膜構造を日本ではじめて主要構造材として大規模に使用した建築物となります。ETFE(エチレン-テトラフルオロエチレン共重合体)とは、フッ素樹脂の一種で、透明でフィルム状のため薄くて軽く(標準的なタイプで厚み:250µ・重さ:440g/m²)耐候性にも優れた素材です。このETFE フィルムを使用することで、ガラスのような透明感に加え、地震にも強い安全性も備えた開放空間をアスリートに提供します。

施設内での活動について

株式会社Xiborg

株式会社 Xiborg

代表取締役 遠藤謙
2014年5月創業。障がい者、健常者、高齢者などの枠を取払い、だれもがカラダを動かす事に喜びを感じられるような社会を創造する事を目指す。「2020年東京オリンピック・パラリンピックにてパラリンピック100m走の勝者がオリンピック勝者よりも早いタイムでゴールする」ことを目標に、 競技用義足の開発とアスリートのトレーニングを行うチーム運営を実施。障がい者スポーツの聖地になりえる「新豊洲Brillia ランニングスタジアム」では、アスリートのコーチングや義足の研究開発を行うと共に、障がい者、健常者、高齢者の枠を取り払ったモデルケースとなるように様々なイベントを実施予定。

株式会社侍

株式会社 侍

代表取締役 為末大
3度のオリンピックに出場し、世界陸上の銅メダリストである為末大が代表を務め、スポーツ本来の価値を社会に還元することを目的に、講演・メディア出演を始め、コンサルティング、PR、かけっこスクール運営等を行っている。

新豊洲Brillia ランニングスタジアムでは、誰もが分け隔てなく自分を表現できる環境の形成と、新豊洲エリアの発展を目指し、館長として様々な活動を行う。同時に株式会社侍が運営するかけっこスクール(為末大学ランニング部)を開校し、定期教室の開催とかけっこ関連イベントを行う。

特定非営利活動法人SLOW LABEL

特定非営利活動法人 SLOW LABEL

年齢、性別、国籍、障がいの有無などを越えて集結した市民と様々な分野のクリエイターがワークショップを重ねながらつくる参加型パフォーマンス『SLOW MOVEMENT』を創作し、障がいのあるパフォーマーの発掘と育成を行う。国内外の先駆者や障がい者芸術祭などと連携し、「クリエイション(創造および開発)」、「エデュケーション(人材育成・教育)」、「コミュニケーション(交流)」の3つの事業を柱に、障がいのあるパフォーマーを取り巻く環境整備やアクセスコーディネーターといったサポート人材の育成にも力を注ぐ。

ページのトップへ戻る
© 2015 SPORT×ART SHINTOYOSU