新豊洲の魅力

新豊洲の街づくりはまさに始まったばかり。真っ白なキャンバスに
色とりどりの絵が描かれるように、魅力的な場所や人が集まり始めました。

Vol.2

My Gym My Village校

My Gym My Village校 マネージャー ケンさん
My Gym事業部部長 内田登さん

全米で300拠点、世界30ヵ国で展開する、0歳から13歳までの子どもを対象にしたフィットネスクラブ「My Gym」。日本では東京・神奈川エリアに9教室展開しており(2018年6月現在)、そのうちの一つが、2015年11月、新豊洲に開校した「My Gym My Village校」です。広いスペースでお子さまが身体を動かしながら英語に触れられるのはもちろん、My Village校にしかないラウンジスペースを活用して、自国の文化や習慣を英語で話し合うイベントも開催しています。

開放的な風景のなかにある
My Villageの校舎

ゆりかもめの市場前駅から3分ほど歩くと、湾岸の開けた風景のなかに白色を基調としたMy Villageがあります。My Village のテーマは"ゲートをくぐればそこは海外"。講師は全員外国人で、フィットネスのプログラムは全て英語を通じて実施。英語とスポーツが苦手なお子さまでも、開放的な環境やモチベーションを高めてくれる講師のサポートで自然と楽しむことができます。親御さんはお子さまのレッスンの間、併設のラウンジやカフェでくつろぎながら待ち時間を過ごすことができます。会員の方にはドリンクを無料で提供。ユニークな講師が話しかけてきてくれるため、ちょっとした英語に触れる機会もあり、親子そろってMy Villageを気に入ってくれている会員の方も多いのだとか。さらに、2階にはCMで有名な"トライ"が運営する完全マンツーマンの個別指導塾「個別教室のトライ My Village校」があり、いわゆる「塾」のイメージを覆す開放的な空間です。湾岸エリアの景色を眺めがなら勉強に励むことができます。お子さまがMy Gymで通っている間に、兄弟が2階の教室で学校の宿題をしているという方も多いそうですよ。

「ハイタッチしたり、大人も下の名前で呼んだりと、日本とは思えない場所です」
とインタビュー中に教えてくださったマネージャーのケンさん

自分に合うスポーツに出会い、
英語の壁をなくせる

日本の多くの学校では、どのスポーツが自分に合っているか分からないまま、部活に入部することが多いのではないでしょうか。「当施設ではさまざまなスポーツと接する機会を提供し、子どもたちは自分に最も適したスポーツを探すことができます」というのは、My Gym My Village校のマネージャーを務めるケンさん。海外の教育現場では、1年間で多くのスポーツに触れるのが一般的です。そこでMy Vilagge校でも、限定プログラムとしてワールドスポーツを実施。お子さまは年齢に応じたメニューから様々なスポーツを体験できます。「ワールドスポーツはスポーツが苦手な子どもも大歓迎です。 実はスポーツが苦手なお子さまは、"自分に合ったスポーツ" "才能を発揮できるスポーツ"に出会えていないことが多いのです。多くのスポーツに触れることで隠れた才能に気付き、自信を持てるようになることは、運動能力やメンタルを育むきっかけになります。しかも、ワールドスポーツはどれも外国人の講師と英語でコミュニケーションしながら身体を動かします。自分に合ったスポーツをしながら、生きた英語力を楽しく身に着けることができます。また将来海外のスポーツシーンで活躍したい方にもうってつけです。」

ユニークで楽しい先生ばかりで、子どもたちは
大はしゃぎ。講師は英語も日本語もできます。

東京五輪の開催で国際交流にピッタリな場所

英語を学ぶ機会はあってもそれを活かせる交流の場が少ないことが、英語教育の課題の1つとなっています。新豊洲エリアにMy Gymを作ろうとした理由は何なのでしょうか。My Gym事業部長の内田さんは「東京オリンピック・パラリンピックの選手村がここのすぐ近くにできるというのがすごく大きいですね。国際化が進む中で、お子さまと外国人の交流が図れる場所になると思ったからです」と言います。「英語でのコミュニケーションにおいては、文法学習を中心とする日本の英語教育だけでなく、英語を使って話す積極性を身につけることが重要です。海外で活躍する日本人に共通している点はコミュニケーション能力が高いことです。決して流暢な英語が話せる必要はありません。My Gym My Village校はワールドスポーツを通じて、外国人とコミュニケーションするための力を高めるプログラムを実施しています。」My Gymは臆することなく、外国人とコミュニケーションできる"積極性"を鍛えられる場なのですね。そして、2020年の東京オリンピック・パラリンピックでたくさんの外国人が訪れるこのエリアは国際交流に適した場所であるというのも頷けました。

My Villageならではの広い施設。トランポリンやマットもあり、たくさんのスポーツに触れることができます。

バーベキューなどイベントで
他の家族とも友達に

キッズラウンジやガーデンといったスペースもあるMy Village校はゲームやスポーツイベント、バーベキューなどの催し物も頻繁に行っており、他の親子同士の交流も盛んです。「土日にMy Gym会員の親御さんを招待して開かれる"ファミリー・ファンデー"には、お父さんが多く参加されます。会員限定で無料のバーベキューも行っていますよ」と、マネージャーのケンさん。お子さまやご家族が他の方々と仲良くなり、皆さん楽しまれていかれるのだとか。「ビルや住宅街のド真ん中ではなかなか難しいであろう催し物も、開放的な新豊洲エリアなら気にすることなく実施できます。コミュニケーション施策とそれを実行に移せる場所が目の前にあるというのは他にない強みであると感じました。」「生徒さんも親御さんも先生も、みんなが垣根なく交流できる。新豊洲エリアはそんな素敵な環境を人々に提供できる場所なんだと思います。」入ると「ハロー!」と、入口から一気に外国に変わるMy Village。身体も心も鍛えられる素敵なフィットネスクラブです。

明るい入口から入ると、そこは外国村。
親子そろって英語に触れられる場所です。

新豊洲の魅力をもっと見る
© 2018 SPORT×ART SHINTOYOSU